光脱毛のデメリット

光脱毛の問題点について

光脱毛は、脱毛サロンなどで行われる脱毛です。手軽に比較的安く脱毛できるというメリットがある反面、デメリットもあります。
デメリットとして大きいのが、毛量は減らすことができるものの、永久脱毛することは難しいという点です。永久脱毛とは、最後の脱毛から1ヶ月後の毛の再生率が20%以下であることと定義づけられています。光脱毛は、毛根を壊すほどのパワーがないため脱毛が終了しても再び毛が生えてくる可能性があります。
また、レーザー脱毛に比べると脱毛力が弱く、その分何度も脱毛する必要があります。通う回数が多いことで、レーザー脱毛よりも料金が高くなってしまうことも考えられます。
他にも、産毛に対して効果が低いのもデメリットです。

光脱毛の問題を改善するには

光脱毛の問題点を改善するためには、光脱毛とレーザー脱毛を併用するという方法があります。
手軽に脱毛を始めたいという人は、最初に光脱毛を行います。キャンペーンなどを利用することで、より安く脱毛を始められます。
一般的に光脱毛の効果が出てくるのは約4~6回目程度で、そこから徐々に自己処理が楽になってくるのが約12回程度ほど言われています。全体的にムダ毛の処理が終わったら、気になる部分だけをレーザー脱毛を行うという方法が行えます。
ムダ毛が目立つ部分である脇や両腕・両足などは早く処理のできるレーザー脱毛を選び、それ以外や痛みの強いVIOラインは光脱毛を行うことで、効率的に無駄毛を処理することができ、脱毛期間の短縮が可能です。

千葉で脱毛を考えている人は、ネット上にある脱毛店のレビューを確認し、良いレビューだけでなく悪いレビューも知っておくべきです。